完全日払いの夜のお仕事の見つけ方

日中の業務に支障がでないような完全な日払いの仕事ってある?

夜の仕事って?

日払いも可能って表示のアルバイト情報などは、たまに目にするよね。 でも、本当に日払いしてくれるのかなって不安のある人、いると思うんだ。ってこれ、私のことかもしれないです。 だって、まず面接などの本人確認をどうするのかな。そして、現金で報酬をいただけるのかな。口座へ振り込みなのかな。興味津々だ。

働く時間帯は?

なんらかの事情があって、日中に働くことができない人が夜の時間に働くといっても、時間帯が合わないといけないよね。あまりカチコチに時間を決められると、シンドイね。だって、それなりの事情があっての夜の日払い勤務を選択しているのだからね。 アバウトな勤務時間だと働く方としては楽に考えられるね。

見つける?探す?

見つけるってことは、少しだけ関心があるってことだよね。 探すってことは、積極的に情報を集めるってことだと思うんだけど、あまり積極的すぎると、ブラックな企業に当たってしますかもしれないですね。 ちょっと、欲望を抑えての検索の方が無難かもしれないね。 あれ?恋愛と似てるかな。

完全日払いってどういうこと?

ひと昔前の昭和ならお酒を扱うお店とかの水商売では、履歴書不要で即日から勤務可能だと耳にしたことがあります。
街中で看板を持っている人の仕事も日払いなのかな。
固定概念だけど日雇い労働者の人が集まっているところでは、ちょっとタブーな仕事も沢山ありそうだけれど、果たして本当に日払いしてくれるかな。しかも、夜の仕事だよ。
平成も最後の一年となっている現在、夜の仕事といえば、お酒を扱うような水商売だけではなく、高齢者の方が暮らして居る施設の夜勤の仕事もあるけれど、果たしてそのような仕事を日払いで報酬を支払うかな。
利用者としては、日払いのバイト感覚で勤務してほしくないと思うのだけれど、運営者側からすると、人手不足で、日払いするからという名目で募集したいのか。いや、どんなことはない。
と、なると、人命に関わる職では表立ってはしていないかな。
でも、パソコンを使ったり対人でなければ可能なのかもね。そうそう、コールセンターの勤務はどうだろう。対応がとても優秀であれば、夜だけの勤務で日払いも可能になるのかな。
でも、そのスキルを雇用する方が判断する必要があるね。

そういえば、戦後などは、体を売る仕事をしなくてはならない女性もいたのだろう。これって、現金だし、間に入る人がいないとなると個人事業主のようなものかな。お酒を扱うクラブやラウンジもひと昔前までは、当日に現金で賃金をいただけることもあったのだろう。

でも、夜の仕事で日払いでとなると、視野の狭い私には、想像がつかないのが正直なところかも。

TOPへ戻る